2012年02月27日

娘のオーディション結果は・・・

今日は長女がピアノのオーディションを受ける日です。
いきさつは、こちら。

http://wkend-family.seesaa.net/article/253896136.html

朝、奥さんにメールしたら、朝いつもより早く6時前に自分から起きて練習をし始めたそうです。
エライぞ〜。

私、テストや大会やオーディションって、それに向かって努力することに非常に意義があると思っています。
そして、ただ参加するのではダメで、良い成績を目指すことで初めてその意義が生まれると思っています。

何でそんな格好つけたことを言うかというと、私は社会人になってからすっかり「何かの競争に参加して良い成績を目指す」ことをやめてしまったのす(私はゴルフを今はやっていませんが、それとは別の次元のこと)。
そして、それによって自分が劣化してきたのを実感しています。
詳しくは省略しますが、そんな私と違って娘が自ら競争に飛び込み、小学生2年生なりに努力しているのが、本当に嬉しい。

で、話戻ってオーディション。
夕方、家に電話しました。
結果と、結果に娘がどう影響されているか知りたかったのです。

奥さんが電話口で結果を言おうとするのを制し、娘を呼ばせました。
ちょっと嫌がった風に電話口に出た娘の様子から、ベストの結果でなかったことは予想できました。
でも敢えて自分の口から報告をさせました。

娘はオーディションを受けた5人の中では一番ではなかったけれども、一週間後の送る会の日まで練習をするメンバーには残ったそうです。選ばれた子が当日調子悪くなるかもしれないから、そのときのためのメンバー、と。
言ってみれば補欠。

ううん、判断が難しい!!

娘にはさすがに、「良かったね」と言ってはあげましたが、運動会の徒競走で手をつないでゴールするあの気持ち悪さに通ずるものを感じちまいました。
ピアノの練習という観点から言えば、まあいいのでしょう。
でも、バッサリと敗北してプチざせつを味わわせるのも大切、と思っていた私は何かモヤモヤきますね。



仕方ないので、この状況でのベストの選択(と思うもの)をしてみますか。
あと一週間特訓して、当日弾けるかどうかにかかわらず、実力だけは残ったメンバーの中で一番を目指させましょう。



一人暮らし ブログランキングへ
posted by saketosakana at 21:25| Comment(0) | 子育て | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。